So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
2018年06月 | 2018年07月 |- ブログトップ

連休のyogi [日記]

7/13

マイナビオールスターゲーム2018 第一戦
パ 7-6 セ
・ちょうど宮西投手が投げているあたりから観戦(勝ちがつきました)。

続きを読む


nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

『パンク侍、斬られて候』を観た [映画]

素浪人にして稀代の剣客(自称)、掛十之進(綾野剛)は巷に流行る邪教集団『腹ふり党』の残党が黒和藩に迫っていると吹聴し、藩家老内藤帯刀(豊川悦司)に取り入る。内藤は腹ふり党問題を利用し同じ家老の大浦主膳(國村隼)を閑職(猿回しをするさるまわ奉行)に追いやることに成功した。後日調査の結果、実は腹ふり党は既に壊滅していたことが発覚。存在しない腹ふり党に踊らされたと思われては困ると内藤は『腹ふり党でっち上げプロジェクト(HDP)』を密かに掛らに指示。旧腹ふり党の幹部茶山半郎(浅野忠信)を焚き付け、ネオ腹ふり党ムーブメントを起こすことに成功した。
『この世、宇宙は巨大な蟯虫の中であり、何をやっても意味がない。腹をふって反吐を出し、解脱するのだ』というネオ腹ふり党の思想に共鳴した民衆は数千人に膨れ上がり、村、町を襲い、そこでも信者を増やし、果ては黒和城を占拠し焼き討ちにしてしまった。黒和藩全員が大浦の猿回しを見物に遠出している隙の大騒動に藩主黒和直仁(東出昌大)は主戦論を主張する掛に共鳴するも多勢に無勢。策に窮した黒和藩に手を貸したのはなんと言葉を理解し、喋る猿・大臼延珍(でうすのぶうず、永瀬正敏)であった。国中の猿を集めネオ腹ふり党制圧に力を貸す代わりに士分に取り立ててほしいと言う大臼。ここに『腹をふる無数の馬鹿vs全国から集った無数の猿軍団』という構図が完成した。熾烈を極める戦いの果て、果たして全員の運命は。。。

・あらすじ長めに書いたんですけどね、これ、ある程度予備知識を蓄えてから観たほうがいいと思うんですよね。

・蓋し、正論!!
・腹ふり党でっち上げプロジェクト(HDP)のあたりは、北川景子さんの夫へのリスペクトなんだろうか。
・『ここで出会えと私が言い、隣で耳をそばだてていた家臣が現れお前は哀れ切り刻まれる。。。』の件、何かに似てるなぁ、と思ったら『オデッセイ』の『残業手当だけで頭が痛い』の件だった。

空から降る一億の猿!
北川景子さんのセクシー腹ふりダンスが見られただけで満足です。
・阿鼻叫喚なストーリーだ。いっそ猿と人間の爆裂シーンは花火でぼかすんじゃなくって、北斗の拳みたいにちゃんとあべし表現しちゃえばよかったのに。でもそうなるとレイティングが変わっちゃうのかな。
・『反戦デモも音楽フェスも、特に考えもなく盛り上がればオッケー(はぁと)な人たちにとっては同じこと』
・でもきちんとオチはつけているし良いのではないでしょうか。

・ナレーションが永瀬正敏氏なので、『言葉を理解する大臼、或いは猿族が密かに人間の生活を眺めている』という作品とも捉えることができそうです。

・すべての出演者が名演、怪演。パートパートは非常に面白いのに、組み上げたら、むぅ、という最後。きちんとパーツは揃っているのに全体で見ると違和感を覚える、福笑いのような作品。

・積極的に映画を考察しないと『わけわからん』で終わってしまう映画。観る側に積極性が求められます。


パンク侍、斬られて候 (角川文庫)

パンク侍、斬られて候 (角川文庫)

  • 作者: 町田 康
  • 出版社/メーカー: 角川書店
  • 発売日: 2006/10/01
  • メディア: 文庫



パンク侍、斬られて候 (角川文庫)

パンク侍、斬られて候 (角川文庫)

  • 出版社/メーカー: KADOKAWA / 角川書店
  • 発売日: 2007/06/01
  • メディア: Kindle版



nice!(2)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

週末のyogi [日記]

7/6

明日はワールドカップを見たいから早く寝よう、と思ってたんだけど、ソファでうたた寝してしまい、結局寝たのは12時前。


7/7

2時45分起床。

FIFA ワールドカップ ロシア 2018 準々決勝
ブラジル 1-2 ベルギー

・日本が敗れた今、日本に勝ったベルギーを応援。『実質○位』狙いだ。
・というわけで現在日本は実質5位です。
・2点取ってからの試合運び、ベルギーは日本戦できちんと学んでいるなぁ、という印象。これだったら日本もブラジルに勝てたんじゃない?と錯覚するような戦いぶり。お見事です。
・次も頑張ってください。

カップ焼きそばを食べて、寝る。

7時起床。

ご飯を食べて出かけようとしたんだけど、風邪っぽい。体温を測ると36度7分。yogiさん平熱が低いので、36度台後半は立派な微熱扱い。でもまぁ、気にせず出かける。

映画を観る。『パンク侍、斬られて候』。各俳優陣が熱演。これは舞台向きのストーリーかもしれない。

昼ごはんは酸辣湯麺。汗をかいて熱を下げる作戦。熱い、辛い、酸っぱい、おいしい。



帰宅してシャワーを浴びて、寝る。

起きる。映画を観る。
X-ミッション
・FBA捜査官のユタは元Xゲームアスリート。ユタは最近出没する謎の犯罪集団の特徴が、『オザキ8』と呼ばれる8つの自然の難所の制覇にあることに気づく。第4のスポットである大波ポジションで犯罪集団とともに波に乗るユタ。信頼を勝ち取って彼らと行動をともに潜入捜査が始まった。。。
・公開時によく見たムササビ飛行隊や、雪山からのスノーボードによる滑降など、映像は非常に見応えがある。映像はね。。。
・これはカメラマンがすごい。命知らず。
・いつの間にか犯罪を犯したり犯さなかったり、ストーリーはグダグダしてゆく。
・映像が見応えあるから、いいんです。


X-ミッション [Blu-ray]

X-ミッション [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: ワーナー・ブラザース・ホームエンターテイメント
  • メディア: Blu-ray



夕飯におじやを食べて、地震に驚き、『ホワイトハウス・ダウン』を観て寝る。


ホワイトハウス・ダウン [Blu-ray]

ホワイトハウス・ダウン [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
  • メディア: Blu-ray




7/8

4時起床。空が赤い。



風邪は治ってきている、気がする。

ゴーヤーはネットを掴む。元気に育ってほしい。



越年した唐辛子はもう花が咲き始めた。



ご飯を食べて、洗濯して寝る。

昼ごはんを食べて、映画を観る。

ブルー・ストリーク
・宝石を盗みに入ったマイルズ(マーティン・ローレンス)らだったが途中で仲間のディーコン(ピーター・グリーン)が裏切り警察が予定より早く来てしまう。窮したマイルズは建設途中の建物の空気ダクトに宝石を隠し、自らは逮捕された。そして2年後出所してダイヤを取り戻そうと行ってみると、そこはなんと警察署。しかたなくマイルズは別の警察署から赴任してきたマローン刑事として警察に潜入、早めに宝石を取り戻しておさらばしようとするのだが。。。
・(元)泥棒が泥棒目線で捜査して泥棒を見つけるというタイプのアクションコメディ。新人刑事とベテラン(偽)刑事のバディものという見方もできる。
・気楽に見ていられる。yogiさんこのくらいのゆるい映画が好き。


ブルー・ストリーク [Blu-ray]

ブルー・ストリーク [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
  • メディア: Blu-ray



寝る。

起きる。

風邪は概ね治った。今週末は寝てばかりだった。やっぱり病気はいやなものですね。

『ピースメーカー』をうたた寝しながら観て週末が終わる。


ピースメーカー [DVD]

ピースメーカー [DVD]

  • 出版社/メーカー: パラマウント ホーム エンタテインメント ジャパン
  • メディア: DVD




nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

週末のyogi [日記]

6/28

会社の皆さんサッカーのために普段より早く帰ったり、直帰の人が多かったりして、yogiさん帰るタイミングを逸してしまう。7時頃帰ってきた営業の人にバトンタッチして帰宅。

ワールドカップ 2018 グループH 第3節
日本 0-1 ポーランド
・後半35分からはもう試合が動かなくなっていたので、どちらかというとコロンビア-セネガル戦の方が気になっていた。
・選手交代をするために突然転び始めるポーランド選手。もう最後の方はカオスだった。少なくともサッカーではなくなっていた。
・最強ポーランド相手にリザーブメンバーで引き分け狙い。最後は他力本願という、究極のギャンブル。見てるほうがドキドキした。
・西野監督、ガッツある。嫌いじゃないです。

祝杯を上げて就寝。グループリーグ突破おめでとーございます。

続きを読む


nice!(4)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

2018年06月 |2018年07月 |- ブログトップ