So-net無料ブログ作成

『アリー/スター誕生』を観た [映画]

・ホテルで働くアリー(レディ・ガガ)は、ある日ドラアグクイーンの格好をしてバーで歌っていたところ、たまたま店にいた人気歌手ジャクソン・メイン(ジャック、ブラッドリー・クーパー)と意気投合。彼女の歌を気に入ったジャックは自分のステージに彼女を立たせる。思わぬ形でデビューすることになったアリー。その後は急速に人気を高め、グラミー賞にノミネートされるまでに。プライベートでも愛し合うようになった二人だったが、難聴に苦しみ、スターへの階段を登ってゆくアリーへの複雑な気持ちからジャックは酒量を増やし、薬物にも手を染め、精神的に不安定になってゆく。果たして二人に待っていた結末とは。。。

・試写会に当たったのです。ラッキーだ。
・レディ・ガガさん、圧巻のパフォーマンス。彼女のフィルムコンサートみたい。それだけで価値があります。

・スクリーンの中のスター歌手って、大抵酒に溺れるなぁ。『クレイジー・ハート』のバッド・ブレイク、『ロック・オブ・エイジズ』のステイシー・ジャックスとか。『ボヘミアン・ラプソディ』も、お酒とお薬でてんやわんやするシーンが多かった。

ローリング・ストーンズのメンバーは、お酒もお薬も止めたらしいよ。
キース・リチャーズが語る、禁酒生活とチャーリー・ワッツの引退(ローリング・ストーン)
https://rollingstonejapan.com/articles/detail/29612/2/1/1

・本当はアリーとジャックの愛が物語のテーマなんだろうけど、yogiさんは『お酒やお薬はよくないね』、という啓発映画として受け取りました。ジャックの転落ぶりがあまりにひどくて。正視できないほどに。今年はお酒で失敗した人の話題が結構ありましたね。

・『クレイジー・ハート』もジェフ・ブリッジス演じるバッド・ブレイクがお酒で取り返しのつかない失敗をやらかす、というお話だったけど、最終的にちょっといい話で終わるんですが、本作は果たして。

アリーの友人が最終的にいいポジションに収まってて微笑ましかった。彼が一番得したなぁ。

・むぅ。


アリー/スター誕生 サウンドトラック

アリー/スター誕生 サウンドトラック

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: Universal Music =music=
  • 発売日: 2018/11/07
  • メディア: CD



nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:映画

nice! 3

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。