So-net無料ブログ作成

感想文を書いていない本をざっと記録(その2) [読書]

本を読んだら感想文を書くことで情報の入出力バランスを取るようにしているのですが、最近どうも怠りがち。感想文を書いていない本をまとめてざっと書いてしまいます。その2です。

『オールド・テロリスト』
おもしろ度★★★★★
おすすめ度★★★★☆
お役立ち度★★★★☆
・村上龍著。
・テロを起こす老人たちは『ファンキーなおじいちゃんたちの世直し』みたいな雰囲気ではなく、もっとウエットだ。コメディではない。
・村上龍氏、タッパー(容器)のことを頑なに『タッパーウェア』と記述する。これは、『五分後の世界』で『外来語を略すのは良くない』としているからだろうか。
・すごく読みやすいし、変に観念的なところもないし、なんというか、20年前の村上龍が戻ってきたよう。『歌うクジラ』で離れた村上龍ファンの皆さん、これは大丈夫ですよ!
・ITボーイが全く活躍できていなくて、残念だった。

オールド・テロリスト

オールド・テロリスト

  • 作者: 村上 龍
  • 出版社/メーカー: 文藝春秋
  • 発売日: 2015/06/26
  • メディア: 単行本




『愚行録』
おもしろ度★★☆☆☆
おすすめ度★★☆☆☆
お役立ち度★★★☆☆
・貫井徳郎著
・東京の住宅地で起きた一家4人惨殺事件。果たして怨恨か、物盗りの犯行か。
慶應義塾は怖いね、という一冊。慶應義塾、時々犯罪の遠因にされる印象。『グロテスク』とか。因みに作者は早稲田大学出身。早稲田大学は被害者男性の出身校として登場。
・雑誌記者が被害にあった家族の関係者に聞き込み取材を行い、それがだんだん収斂していく。
・犯行現場、氷川台だ。ご近所じゃないか。子供を池袋のスイミングスクールに通わせてたり。
・結末にカタルシスがないから、『ふうん』で終わってしまう。
・犯人以外は誰も悪くない、という普通の人々を描いた作品。何が面白いのやら。

愚行録 (創元推理文庫)

愚行録 (創元推理文庫)

  • 作者: 貫井 徳郎
  • 出版社/メーカー: 東京創元社
  • 発売日: 2009/04/05
  • メディア: 文庫



愚行録 (創元推理文庫)

愚行録 (創元推理文庫)

  • 出版社/メーカー: 東京創元社
  • 発売日: 2009/04/17
  • メディア: Kindle版




『回廊亭殺人事件』
おもしろ度★★★★☆
おすすめ度★★★★☆
お役立ち度★☆☆☆☆
・東野圭吾著。
・東野圭吾作品、初めて読む。
・ものすごく読みやすい。びっくりする。

回廊亭殺人事件 (光文社文庫)

回廊亭殺人事件 (光文社文庫)

  • 作者: 東野 圭吾
  • 出版社/メーカー: 光文社
  • 発売日: 1994/11
  • メディア: 文庫




『チェイス・ゲーム―ボディーガード工藤兵悟(2)』
おもしろ度★★☆☆☆
おすすめ度★★☆☆☆
お役立ち度★★★★☆
・今野敏著。
・元傭兵で今は旧知の友人のバーでボディガードをしている工藤兵悟を頼ってイタリアから来た元傭兵仲間のアル。荷物を預かってほしいというアルに逃走経路を確保した工藤。入れ替わりにマフィアがやって来て。。。
・結構悠長なお話。イタリアンマフィアがのんびりし過ぎ。
・サバイバル技術のようなものは役に立つ、かな。

チェイス・ゲーム―ボディーガード工藤兵悟〈2〉 (ハルキ文庫)

チェイス・ゲーム―ボディーガード工藤兵悟〈2〉 (ハルキ文庫)

  • 作者: 今野 敏
  • 出版社/メーカー: 角川春樹事務所
  • 発売日: 2008/09
  • メディア: 文庫




『熱帯魚』
おもしろ度★★★☆☆
おすすめ度★★☆☆☆
お役立ち度★★☆☆☆
・吉田修一著。
・大工見習いとバツイチ連れ子ありのカップル、異父兄弟の4人の共棲生活を描く表題作他。
・相変わらず突然の暴力が始まる。
煙草の火の始末はしっかりしないといけないね、というお話。

熱帯魚 (文春文庫)

熱帯魚 (文春文庫)

  • 作者: 吉田 修一
  • 出版社/メーカー: 文藝春秋
  • 発売日: 2003/06
  • メディア: 文庫



熱帯魚 (文春文庫)

熱帯魚 (文春文庫)

  • 出版社/メーカー: 文藝春秋
  • 発売日: 2003/06/10
  • メディア: Kindle版



nice!(8)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

週末のyogi [日記]

4/21

ファイターズ 0 - 9 ライオンズ
菊池雄星相手に1安打完封負け。切ない6連敗。果たして北海道日本ハムファイターズは、勝利をつかめるのでしょうか。心配になってきました。


4/22

5時起床。

洗濯して掃除してスポーツジムへ。ウェイトトレーニングと水泳を300m。ウェイト後、水泳をすると、より筋肉に効く気がするのです。マッサージチェアで仕上げ。マッサージチェア、揉み玉の強さが調節できることに今更気づく。

ご近所のつるバラ。つるバラ好きだ。



買い物して帰宅。

ニラ、葉にんにく、万能ねぎという、似たもの三銃士を購入。



昼ごはんはおうどん。炒めネギとスナップエンドウなど入れる。



妻はお出かけ。

ファイターズ 1 - 9 ライオンズ
・5回に一挙8点取られて勝負は決した。なんだこれ。7連敗はなかなか記憶に無いなあ。エースである有原君で止まらないこの連敗。どこまで続くんだろう。心配になってきました。

読書などして日が暮れる。掃除機のフィルタなどを掃除する。

夕飯は春巻きなど。下味をつけた豚ひき肉を炒め、キャベツ、ニンジン、ネギを刻み入れて炒め、戻して刻んだ春雨も投入。枚数分に分割して春巻の皮で巻き、揚げる。



他に鳥はむも作ったんだけど、テーブルに出す分を味見ですべて食べてしまった。


4/23

6時起床。

前日の春巻きの残りなどで朝食を済ませ、洗濯を2回しながら掃除。録画していたドラマなど観ながらアイロンがけ。yogiさん今クール一押しドラマは『マッサージ探偵ジョー』です。

昼ごはんはサンドイッチ。セロリ、ニンジン、ピーマンをスライスして塩コショウで炒める。ゆで卵はスライスしておく。鳥はむは大量に薄切り。野菜、鳥はむ、ゆで卵を挟んでホットサンドメーカーで両面ほどよく焼く。



鳥はむはいろいろ使い勝手が良い。

ファイターズ 3-12ライオンズ
・びっくりするほど弱いな、我がチームは。ビックリした。2011年終盤とか、2013年夏とかの、もがいてももがいても負けてしまう感じを思い出した。あの、ダルビッシュでも負けてしまうという絶望感。どこまで続くんだろうこの連敗街道。ああ8連敗。心配になってきました。
yogiさん来月の試合観に行く予定なので、それまでに復活してほしいなぁ。

ふて寝。

椅子の座面が割れてしまったので、布でカバーしてみる。少したるみが出てしまったけど、許容範囲。



録画していたドラマをダビングしたりして、日が暮れる。

『オデッセイ』を観て就寝。この映画、誰も泣かないな(ワトニー宇宙飛行士(マット・デイモン)は最後に泣きそうになっている)。お仕事映画はこうあるべきだと思った。それぞれが自分のお仕事をしっかりやる、という。仕事中に泣いている暇はないのだ

明日からもしっかりやってゆこう。


オデッセイ [Blu-ray]

オデッセイ [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: 20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
  • メディア: Blu-ray



nice!(5)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

感想文を書いていない本をざっと記録 [読書]

本を読んだら感想文を書くことで情報の入出力バランスを取るようにしているのですが、最近どうも怠りがち。感想文を書いていない本をまとめてざっと書いてしまいます。何回かに分けて書きます。

『若草日和』

おもしろ度★★★☆☆
おすすめ度★★☆☆☆
お役立ち度★☆☆☆☆

・片岡麻紗子著
・開かない小箱、父の内弟子への恋、役者志望のお武家、、、江戸時代を舞台にした青春あすなろストーリー。
・甘酸っぱい恋みたいに書いてるけど、内弟子に恋してる子のやってることが結構ゲスいぜ。


若草日和(仮) (廣済堂文庫)

若草日和(仮) (廣済堂文庫)

  • 作者: 片岡麻紗子
  • 出版社/メーカー: 廣済堂出版
  • 発売日: 2008/07/16
  • メディア: 文庫




『バーにかかってきた電話』

おもしろ度★★★☆☆
おすすめ度★★★☆☆
お役立ち度★★★☆☆

・東直己著。
・札幌で飲んだくれながら探偵業を営んでいる『俺』。今回コンドウキョウコという女性から依頼されたのは、ある男に『去年の8月21日、カリタはどこにいたか』と聞いてほしい、というもの。依頼を済ませ帰ろうとすると、『俺』は地下鉄ホームから突き落とされた。。。
・ススキノ探偵シリーズ。映画『探偵はBARにいる』の原作本。『探偵はBARにいる』という作品もあるのですが、こちらではありませんので、ご注意を。
・最後の小学校の先生を助けるシーンとか、映画にはない『俺』のカッコイイシーンが結構あります。


バーにかかってきた電話 (ハヤカワ文庫JA)

バーにかかってきた電話 (ハヤカワ文庫JA)

  • 作者: 東 直己
  • 出版社/メーカー: 早川書房
  • 発売日: 1996/01/01
  • メディア: 文庫



バーにかかってきた電話 ススキノ探偵シリーズ

バーにかかってきた電話 ススキノ探偵シリーズ

  • 出版社/メーカー: 早川書房
  • 発売日: 1996/01/01
  • メディア: Kindle版




『雨を見たか 髪結い伊三次捕物余話』

おもしろ度★☆☆☆☆
おすすめ度★★☆☆☆
お役立ち度★★★☆☆

・宇江佐真理著。
・『髪結い伊三次捕物余話』シリーズ第7弾。でもyogiさん前6作を読んでいない。作者の死去により、シリーズは16作で未完。こうなるとシリーズの他作品を読もうという気持ちもシナシナ。


雨を見たか―髪結い伊三次捕物余話 (文春文庫)

雨を見たか―髪結い伊三次捕物余話 (文春文庫)

  • 作者: 宇江佐 真理
  • 出版社/メーカー: 文藝春秋
  • 発売日: 2009/08/04
  • メディア: 文庫



雨を見たか 髪結い伊三次捕物余話 (文春文庫)

雨を見たか 髪結い伊三次捕物余話 (文春文庫)

  • 出版社/メーカー: 文藝春秋
  • 発売日: 2009/08/10
  • メディア: Kindle版




『悪いことはしていない』

おもしろ度★★★★☆
おすすめ度★★☆☆☆
お役立ち度★★★☆☆

・永井するみ著。
・社内で仕事を頑張って認められたら妬まれたとか、自分が頑張ったわけではない幸運を恨まれたとか、この子ついてるのかなぁ、ついてないのかなぁ、というお話。まさに『悪いことはしていない』
・転職してるけど、キャリアアップ、とは違うしなぁ。
・オフィスサスペンスもの、の、ようなもの。悪くなかった。
・OA機器、コンピューターの描写がしっかりしているなぁ、と思ったらIBM、アップルにお勤めだったそうで。納得。


悪いことはしていない

悪いことはしていない

  • 作者: 永井 するみ
  • 出版社/メーカー: 毎日新聞社
  • 発売日: 2009/03/20
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)




『人民は弱し、官吏は強し』

おもしろ度★★☆☆☆
おすすめ度★☆☆☆☆
お役立ち度★★★☆☆

・星新一著。
・著者の父親、星一氏の伝記。身内が書いているお話なので、眉に唾をつけながら話三割位で読み進めるが良いと思います。
・星新一氏は星一氏の清廉さを讃えているのでしょうが、経営者であるならば、もっとうまく立ち回るべきだと、yogiさんは思います。社員の生活も背負っているわけですから。


人民は弱し 官吏は強し (新潮文庫)

人民は弱し 官吏は強し (新潮文庫)

  • 作者: 星 新一
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 1978/07/27
  • メディア: 文庫



人民は弱し 官吏は強し (新潮文庫)

人民は弱し 官吏は強し (新潮文庫)

  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 1978/06/30
  • メディア: Kindle版



nice!(5)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

『隠密 味見方同心(七) 絵巻寿司』を読んだ [読書]

・風野真知雄著。
『美味の傍には悪がいる』そう言い遺して殺された兄、波之進を引き継いで江戸南町奉行所の味見方同心となった月浦魚之進。最後に波之進が食べたのは西洋の『ケイク』というものではないかと推測し、犯人探しと日々の事件解決に勤しむのであった(6巻までのあらすじ)。。。真相に迫れるか?!第7弾。

『絵巻寿司』
・切ると断面が絵になっていると人気の絵巻寿司を作る職人が殺された。最後に作っていたとみられる寿司を見ると、今まで見たことのない絵が描かれていた。。。
珍しく普通の料理だ。絵巻寿司。資格試験もある。へぇ。
絵巻寿司検定協会
http://www.emakisushi.com/

『甘辛納豆』
・博打打ちの全次がまた江戸に帰ってきた。どうやら奴が使っている博打のタネは『甘辛納豆』。豆を口に入れてそれが甘いか辛いかを当てるというものらしい。でもこれでは相手が真実を言っているのか確かめようがないから博打にならない。はたして全次はどうやって『甘辛納豆』を使って博打をやっているのか。。。

『マグロの千切り』
・江戸でも屈指の料亭『おくやま』の丁次が殺された。しかも犯人は殺害した後に腹を裂き、胃の中を探っていたらしい。そんな残忍な仕打ちをした犯人の目的は、そして丁次はなぜマグロの千切りを作っていたのか。。。
・この当時、マグロは下魚。『おまえ、マグロなんか食うのかよ』という扱い。
・殺され方が猟奇的。そして検死すると胃から『いい匂いがした』という、、、これもまたグロテスク。

『幽霊酒』
・うまい酒と飯を出し、気持ちよく酔えて、気付くと眠ってしまい朝になっているという店があるという。しかも女将が美人の幽霊という噂。魚之進は確かめねばとにゃんこの麻次と連れ立って行くと、店の名前は『うらみ』。確かに旨い酒と飯を飲み食いしているうちに二人は眠り込んでしまう。。。

・北谷道海入道がちょいちょい出てくる。不思議なポジション。
・味見師の文吉さん、結構太っていることが判明。

パート1から読んでいる人は既に犯人を知っているわけで、波之進殺しの犯人がなかなか捕まらなくて、もどかしいことこの上ない。

・『フォーク』『ケイク』『ばにら』『バター』が出てくる。さて、どんな『ケイク』が食べられるのでしょうか。8巻を楽しみに待ちましょう。


隠密 味見方同心(七) 絵巻寿司 (講談社文庫)

隠密 味見方同心(七) 絵巻寿司 (講談社文庫)

  • 作者: 風野 真知雄
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2017/01/13
  • メディア: 文庫



隠密 味見方同心(七) 絵巻寿司 (講談社文庫)

隠密 味見方同心(七) 絵巻寿司 (講談社文庫)

  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2017/01/13
  • メディア: Kindle版



nice!(6)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

週末のyogi [日記]

4/14

マシンセットアップとプログラミングを並行して行うという社内SEにありがちな一日を過ごす。
鶏胸肉を購入して帰宅。

夕飯は餃子。スイートチリソースとレモン汁を合わせたタレを開発。美味しゅうございました。新しい餃子の皮(大判で厚い)がとても美味しかった。


4/15

5時起床。

朝食を摂って鶏胸肉に塩コショウとミックススパイスをすり込んで冷蔵庫に投入。洗濯してスポーツジムへ。体調がビミョウだったので、ウェイトトレーニングのみ。スポーツジム通いも、もう4年続いている。継続は力なりと信じて続けている。おかげて腰痛にはならなくなった。

図書館に寄って買い物して帰宅。

昼ごはんはトマトスパゲティ。サラダには鶏胸肉から剥いだ鶏皮をカリカリにしたものを刻み、散らす。カリカリの鶏皮、好きだ。



寝る。

起きる。

夕飯は鯛のかぶと煮とカブの葉を炒めた菜飯など。鯛はどうやってもおいしいのだ。



カブと煮たので『カブと煮』だなぁなどと思いつつ食す。

『テレビ東京開局記念日ドラマ特別企画 破獄』を観る。小説をなぞっているようで、やはりドラマ向けに味付けされていて、なかなかおもしろかったです。ビートたけしさんは何言ってるのかそろそろよくわからなくなってます。

破獄 (新潮文庫)

破獄 (新潮文庫)

  • 作者: 吉村 昭
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 1986/12/23
  • メディア: 文庫



破獄(新潮文庫)

破獄(新潮文庫)

  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 1986/12/20
  • メディア: Kindle版




4/16

5時半起床。

読書などする。

朝食は昨日のかぶと煮の残り汁を活かしておじや。

麺を打って洗濯などする。

読み終わった本をザクザク裁断し、もりもりスキャン。16冊。切ってスキャンするだけであればそんなに時間はかからないんだけど、最初の数ページをスキャンしてコントラストとかを調整して、、ってやってると、半日潰れます。あと、『長尺モード』を戻し忘れていたため、スキャン速度が遅かった。

スーパーへ買い物に。チューリップも見頃。



昼ごはんはおそうめん。今年初。だいぶ暖かかったからね。



妻がおいしいクッキーを作ってくれた。サクサクして大変良いものです。



午後も引き続きスキャニング。カバーやカラーページなど。

映画を観る。

『七人の侍』
・野武士の横暴と略奪により困窮する村人は7人の用心棒を雇った。彼らと村人は身分の違いを越えて村を守るために戦う。。。
・存外長い作品だった。3時間半。途中で休憩時間があります。
・白黒だし、音声も聞き取りづらく、なかなか楽しめない。今度は日本語字幕付きで観たい。或いは音声のリマスター版とかってないのかな。
・音響のしっかりした劇場とかで観るとまた印象は異なっていたかもしれない。


七人の侍 [Blu-ray]

七人の侍 [Blu-ray]

  • 出版社/メーカー: 東宝
  • メディア: Blu-ray



昨日塩コショウなどしておいた鶏肉を塩抜きし、お湯を沸かしてジップロックに入れた鶏肉を入れてシャトルシェフに1時間ほど放置して、鳥はむのできあがり。



初めて作ったけど、美味しくできました。コショウ多めで、パストラミっぽい。鳥はむ、コンビニとかで打ってるサラダチキンだな。また作ろう。





nice!(5)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

週末のyogi [日記]

4/7

暖かい!!いよいよ春が来ました。


4/8

5時起床。この時間に起きるようになると、体が冬眠から目覚めたなぁ、としみじみ。

続きを読む


nice!(5)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

『ジャッキー/ファーストレディ 最後の使命』を観た [映画]

・1963年11月22日、テキサス州ダラスにて合衆国大統領ジョン・F・ケネディ(キャスパー・フィリップソン)が銃撃され、死亡した。その隣にいたのは大統領夫人ジャクリーン・ケネディ(ナタリー・ポートマン)。大統領は即時にジョンソンが就任し、彼女は感傷に浸る間もなく葬儀、引っ越しを済まさなければならなかった。。。
・『A Tour of the White House with Mrs. John F. Kennedy』の撮影風景、神父への告解、葬儀後のインタビュー、そして暗殺から葬儀までの4つのパートが重なり合う。
・大統領が暗殺され、急遽飛行機でワシントンに戻り、シャワーを浴びると髪の毛からケネディ大統領の血が滲み出てくる。そこまでの鬼気迫る演技がさすが、ナタリー・ポートマンといったところ。

『大統領の執事の涙』などのホワイトハウスものを予習として観ておくといいかもしれません。
・ジャクリーンへのインタビュー中、後ろの棚にこけしと赤馬の張り子があったのが気になった。
・ケネディ家って、なんというか、ご不幸が多いね。
・ケネディ大統領とか、幼いキャロライン・ケネディさんなんかがだいぶ似ていた。
上質な歴史映画は感動よりも感心/関心が先に立つ、という例に漏れない作品。
・タイトルがなんとなく『グレース・オブ・モナコ/ 公妃の切り札』に似ている、気がした。『主演女優の美しさを確認する作品』、という意味でも似ている。


ケネディー家の妻(おんな)たち - ジャッキー、エセル、ジョーン - [DVD]

ケネディー家の妻(おんな)たち - ジャッキー、エセル、ジョーン - [DVD]

  • 出版社/メーカー: ナウオンメディア
  • メディア: DVD



nice!(5)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

週末のyogi [日記]

3/31

プレミアムフライデーなので早めに帰宅。プロ野球は開幕するもファイターズは大敗。エラーはいかんですよエラーは。がんばって欲しい。

続きを読む