So-net無料ブログ作成

2017年のyogiさんの食について [ひとこと]

・料理用温度計を導入
温泉卵やローストビーフを、レシピ通りに作ろうとすると温度測定をシビアにしたくなります。妻は『このくらい』で上手に作ることができるのですが、yogiさんにはそのような能力が備わっていないので、料理用温度計を導入しました。『72℃で50分(温泉卵)』とか『85℃で30分(ローストビーフ)』とか、今までできなかった細かい温度調節ができるようになって料理の腕が上がった気になります。
料理用温度計とシャトルシェフがあれば、なんでもできる気がしています。



タニタ スティック温度計 グリーン TT-533-GR

タニタ スティック温度計 グリーン TT-533-GR

  • 出版社/メーカー: タニタ(TANITA)
  • メディア: ホーム&キッチン



・ね ん が ん の 近 大 マ グ ロ
近大水産研究所が銀座にできて以来、ずっと行きたかったのですが、今年初めて行く機会に恵まれました。
赤身のお魚が大変においしいお店でした。



・鳥はむを始める
すっかりポピュラーになっている鳥はむ。"鶏胸肉料理"は2017年の一皿にも選ばれました。
週末に塩と砂糖、スパイスをまぶって一晩寝かせ、1時間塩抜きして1時間シャトルシェフに突っ込めば概ねおいしい鳥はむができあがります。使い勝手の良い鳥はむ。大変おすすめです。
だいたい月イチで作っています。
一緒に剥いだ鶏皮も突っ込んで調理してしまうのですが、これがまたクニクニして独特の食感で大変美味しいものなのです。



・いわしのお寿司がおいしい。
暮らし上手で紹介されているのを見て以来、ずっと作りたかった一品。
鰯の手毬寿司(暮らし上手)
https://www.kurashijouzu.jp/2013/07/recipe-014/
大変美味しいのですが、手が鰯臭くなるのが弱点。
これを作って以来、お寿司をよく作るようになりました。


・ベランダでいろいろ育てる。
数年ぶりにベランダ菜園を開設。ミニトマト、バジル、青紫蘇、唐辛子、空芯菜。特にミニトマトは脇芽を再利用して計6鉢仕立てました。うまくいったもの、いかなかったもの、いろいろあります。
今は小松菜とニンニクを試みています。
来年も引き続きいろいろ育ててみたいです。ミョウガやってみたい。



・お弁当箱を買い替える。
5年以上使っていたお弁当箱を更新しました。ミッフィー → ミッキーに変更。
ただし先日蓋が割れていることが判明。箱部分の耐熱温度は140℃、蓋は70℃なのに、両方食洗機に突っ込んでいたのが敗因。食洗機対応のお弁当箱を物色中です。



・ガスコンロが壊れる。
2014年年末に交換したので約3年で壊れてしまった。金曜日の夜に壊れて直ったのは日曜日の昼だったんだけど、その間何もできなかった。ホットプレートでたこ焼き作ったり。
ガスコンロって大事。ほんと大事。
今後もいつ壊れるかわからないし、防災グッズ的な意味もあるかと思い、イワタニカセットフーを早速購入しました。


今年食べたお菓子で一番おいしかったのは、カルビーのじゃがピリカです。

じゃがピリカ(10袋入)【3色ポテト】【カルビー】【常】

じゃがピリカ(10袋入)【3色ポテト】【カルビー】【常】

  • 出版社/メーカー: カルビー
  • メディア: その他



また来年も美味しいものをもりもり食べてゆきたいと思います。


nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

nice! 3

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。