So-net無料ブログ作成
検索選択

『ジャッキー/ファーストレディ 最後の使命』を観た [映画]

・1963年11月22日、テキサス州ダラスにて合衆国大統領ジョン・F・ケネディ(キャスパー・フィリップソン)が銃撃され、死亡した。その隣にいたのは大統領夫人ジャクリーン・ケネディ(ナタリー・ポートマン)。大統領は即時にジョンソンが就任し、彼女は感傷に浸る間もなく葬儀、引っ越しを済まさなければならなかった。。。
・『A Tour of the White House with Mrs. John F. Kennedy』の撮影風景、神父への告解、葬儀後のインタビュー、そして暗殺から葬儀までの4つのパートが重なり合う。
・大統領が暗殺され、急遽飛行機でワシントンに戻り、シャワーを浴びると髪の毛からケネディ大統領の血が滲み出てくる。そこまでの鬼気迫る演技がさすが、ナタリー・ポートマンといったところ。

『大統領の執事の涙』などのホワイトハウスものを予習として観ておくといいかもしれません。
・ジャクリーンへのインタビュー中、後ろの棚にこけしと赤馬の張り子があったのが気になった。
・ケネディ家って、なんというか、ご不幸が多いね。
・ケネディ大統領とか、幼いキャロライン・ケネディさんなんかがだいぶ似ていた。
上質な歴史映画は感動よりも感心/関心が先に立つ、という例に漏れない作品。
・タイトルがなんとなく『グレース・オブ・モナコ/ 公妃の切り札』に似ている、気がした。『主演女優の美しさを確認する作品』、という意味でも似ている。


ケネディー家の妻(おんな)たち - ジャッキー、エセル、ジョーン - [DVD]

ケネディー家の妻(おんな)たち - ジャッキー、エセル、ジョーン - [DVD]

  • 出版社/メーカー: ナウオンメディア
  • メディア: DVD



nice!(5)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

nice! 5

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました