So-net無料ブログ作成

長崎にて。軍艦島へ。(5/6) [旅行]

5/6

5時半起床。

実は昨日こんなニュースが。



というわけ、でもないのですが、今日は軍艦島にゆくのです。
朝食はバイキング。ソーセージのおいしい朝食バイキングは当たりだと思うのです。当たりでした。リッチモンドホテル長崎思案橋。
毎回食べ過ぎてしまうので、今日は控えめに一巡で終了。



出発。思案橋から築町で乗り換えて、大浦海岸通へ。長崎の路面電車、築町で乗り換えることがあるのですが、その際は運転手さんに『乗り換えます』と言うと、乗換券をもらえます。これを乗り換えた電車で降りる時に渡します。なので乗り換えても120円で済みます。



船が出るまで時間があったので、大浦天主堂に行きました。日本最古のキリスト教建築、国宝です。







長崎の町並み。山だらけ、坂だらけ。



さあ軍艦島にゆきます。
受付を済ませて船に乗ります。今回は『軍艦島コンシェルジュ』社にお願いしました。



世界遺産登録勧告効果で、TV局の取材も来ていました。



彼らが取材したニュースがこれ。なんとyogiさんもちょびっと映ってる。テレビに映るの、20年振りくらいだ。ふふふ。

「軍艦島」上陸ツアーが大混雑 世界遺産勧告で急増(テレビ朝日)


出港。

ジャイアント・カンチレバークレーン。これも世界遺産の一部。



長崎は、三菱の企業城下町。もともと軍艦島(端島)も三菱の所有で、『警察官の脅し文句が『三菱さんに言うよ』』だったそうで。こええなぁ、三菱。





イージス艦もいた。



伊王島を経て、少しすると軍艦島が見えてきました。yogiさんここで痛恨のミス。撮影モードを間違えていて、少しホワイトバランスがおかしくなっている。











上陸します。レンガとコンクリートの、廃墟。映画のワンシーンの中に迷い込んだような錯覚。『スターリングラード』とか、『トゥモロー・ワールド』とか。取材のヘリコプターの音がうるさくて、ガイドさんの解説があまり聞こえなかったのが残念。
軍艦島、端島鉱山が閉山したのが1974年。yogiさんが生まれたのが同じ1974年。同じ年月を経て、片や朽ち、片や、、、どうなんだろ。









『朽ちてゆく廃墟』を『保存』するという矛盾と向き合うことになった長崎市。うまいことやっていただきたいものです。できれば見学範囲を広げていただきたい。

長崎市内に戻ります。



平和公園へ。

平和の泉から平和祈念像を望む。



乙女の像。



平和祈念像。実際に見ると、筋骨隆々ですな。平和祈念像。あと、平和祈念像の真裏がすぐマンションだった。





遅めの昼食。平和公園近くの喫茶店『珈琲家(カフェ)』



漫画が積まれた、昔ながらの喫茶店の雰囲気。



yogiさんはクリームコロッケカレーをチョイス。真ん中に乗っているのは、まるごとジャガイモ。ボリュームたっぷりです。ちょっと食べ過ぎた。



浦上天主堂へ。





原爆落下中心地。



平和のありがたみをしみじみ感じながら、おみやげを買ってホテルに戻りました。
夕食まで少し時間があったので、部屋で『相棒』の再放送などを観ながらダラける。『閣下の城』をやってた。

散歩しながらレストランへ向かいます。

崇福寺。





コウモリがかわいい。



夕食は『プルミエ・クリュ』にて。ホール担当もいない、シェフがたった一人でやっているレストラン。

フォアグラと玉ねぎのコンフィチュール。



オマールエビと根菜のサラダ。オマールエビとプチトマトを一緒に食べるとビックリする美味しさに。



五島産アワビとホワイトアスパラ。ソースもホワイトアスパラ。



鯛のティエド。ソースは卵とベーコン。カルボナーラみたい。



長崎牛フィレ肉。yogiさん2日続けて食べてしまった。



ピスタチオのクローネ。超おいしい。サクサクで、クリームが絶妙な甘みで。でもちょっと食べづらい。ホントはジャイアントカプリコみたいに手づかみで食べちゃいたいんだけど、それはさすがにね。



マカロン、ガレット、カヌレ。ハーブティーとともにいただきます。



満たされた。とても素晴らしいディナー。こんな食事を毎日続けていていいのだろうか。分不相応な気がしている。でもまぁ、年に1回くらいはいいか、と言い聞かせ、ホテルに戻る。

yogiさんは贅沢に慣れていない。


軍艦島入門

軍艦島入門

  • 作者: 黒沢 永紀
  • 出版社/メーカー: 実業之日本社
  • 発売日: 2013/08/01
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました